オーストラリアンシェパードのマゴとシェルティのチーの日常
by chiromago
最新の記事
実は
at 2011-06-25 08:25
町田でインド人
at 2011-06-20 20:43
さま~かっつ
at 2011-06-11 22:47
二子玉川ライズに行ったよ
at 2011-06-10 23:14
土曜日から月曜日の出来事
at 2011-06-06 21:50
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
柴犬が亡くなった
近所の柴犬の女の子が死んでしまったらしい。
最近小屋から顔出してくれないなーと思ってもしかしたら…と心配していたらやっぱり…。
この子、チマが来る2.3年前に飼われ始めて
子犬の時に少し見せてもらった事があった。という事はまだ5.6歳って事だよね…。

うちの近所には外飼いのわんこが少し居て
その中でも爪の伸びたコーギーとこの柴犬の事を不憫に感じていた。
犬の幸せは飼い主の近くに居る事だと思っているので
この、あまり一緒に居る事を知らない子がどう感じてるかは
知らないという事で救われてるかもしれないなあとも思っていた。

しかし、この柴犬の子犬の頃は小学生か中学生かのお嬢さんが走りながら散歩をしているのを見かけた。家族がにこにこ笑いながら、この子を自慢していた。
しばらくして、小屋の横に短い綱で繋がれ、可愛がる様子を見かけなくなった。
何回か見かけたご飯をあげてる人はお婆さんだった。
柴犬も子犬の時は無邪気だったのに、大きくなるとただの番犬になっていた。表情がなく、人が通ると元気なく吠える。
お隣さんから今年の暑さのせいで死んだんじゃないかと聞いた時、驚きはなかった。


あの子のあの家での生活ってなんだったんだろうな。
[PR]

by chiromago | 2010-10-10 02:40 | チロマゴ
<< 軽自動車横転 脈絡もなく秋空 >>